日中外相会談 南シナ海めぐり激しい応酬も



 【北京=田北真樹子】中国を訪問している岸田文雄外相は30日午前、北京市内の釣魚台迎賓館で王毅外相と会談した。両外相が顔をあわせるのは、昨年11月にソウルで開かれた日中韓首脳会談の機会に開かれて以来のこと。岸田氏は午後には外交担当トップの楊潔●国務委員との会談と李克強首相への表敬に臨む。

 岸田氏は外相会談で、中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題のほか、東シナ海情勢でも尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺への中国公船による領海侵入について取り上げる方針。中国は、南シナ海情勢で日本が東南アジアをはじめとする関係国を巻き込んで“対中包囲網”を形成しようとしていると批判しており、両外相による激しいやりとりの展開も想定される。

 外相会談後は王氏主催の昼食会が開かれる。両外相による共同記者会見は予定されていない。

●=簾の广を厂に、兼を虎に

引用:日中外相会談 南シナ海めぐり激しい応酬も


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×