平壌で大規模祝賀パレード、金正恩氏も参加 実妹・金与正氏を党中央委員に選出



 【ソウル=名村隆寛】 北朝鮮メディアによると、朝鮮労働党の第7回党大会を終えた平壌で10日、市民らによる大規模な祝賀パレードが行われた。新設の最高位ポストである党委員長に就任した金正恩(キムジョンウン)氏が出席した。

 同日の公式報道によれば、金正恩氏の実妹、金与正(キムヨジョン)党副部長が、党運営の中核となる中央委員に選出された。また、今年2月に「宗派分子(分派活動)」などの疑いで処刑説が出ていた李永吉(リヨンギル)前朝鮮人民軍総参謀長が、党政治局員候補として健在であることが、10日付の党機関紙、労働新聞に顔写真が掲載されたことで確認された。

 党中央委員会は9日開いた総会で、最高指導部の政治局常務委員に現職である金正恩委員長ら5人と、政治局員19人と政治局員候補9人を選出していた。

 与正氏の党中央委員への選出は、公式メディアが公表したリストで確認された。与正氏は金正恩氏の信頼が特に厚いといわれ、北朝鮮メディアが報じる金氏の写真や映像の中で、頻繁に行動を共にしていることが判明していた。2014年3月の最高人民会議(国会に相当)代議員選挙でも、金氏の投票に同行していた。

 父の金正日(ジョンイル)総書記の生前には、正日氏の実妹である金慶喜(ギョンヒ)氏が軽工業部長などの職位で金総書記を支えた。金正日・正恩ファミリーによる体制固めがさらに進み、代を継いでの一族統治が行われそうだ。

引用:平壌で大規模祝賀パレード、金正恩氏も参加 実妹・金与正氏を党中央委員に選出


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×