三菱マテリアルが中国人元労働者側と和解、1人当たり170万円 4千人の一部は署名



 【北京=矢板明夫】第二次大戦中、日本で過酷な労働を強いられたとして中国の元労働者らが日本企業に賠償を求めている問題で、元労働者側の多くが1日にも三菱マテリアル側と和解し、合意文書を交わすことがわかった。元労働者を支援する関係者が明らかにした。

 この関係者によれば、和解条件として、三菱マテリアルが責任を認めたうえで、元労働者と親族に謝罪し、1人当たり約10万元(約170万円)を支払う。また、三菱マテリアル側は被害者救済、記念碑の建設、失踪者調査などのために基金を設立することも合意事項に含まれているという。

 ただ、三菱マテリアルに損害を求める元労働者は約4千人いるが、そのうちの一部は、謝罪文の文面や賠償金額などに不満があるため、今回の合意文章に署名しないという。三菱マテリアルと中国側の交渉は今後も継続されるとみられる。

 中国の元労働者たちは日本コークス工業(旧三井鉱山)などにも損害賠償を求める動きをみせている。中国政府はこれを支持する姿勢を示している。今回の合意を受け、日本企業や団体を訴える動きが加速する可能性もある。

引用:三菱マテリアルが中国人元労働者側と和解、1人当たり170万円 4千人の一部は署名拒絶


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×