国土交通省、トラック輸送の「中継輸送」の実現に向けて実証実験モデルをとりまとめ



国土交通省は、トラック輸送における「中継輸送」の普及・実用化に向けて、中継輸送実証実験モデル事業をまとめると発表した。

国土交通省では、トラック輸送で一つの行程を複数人で分担する「中継輸送」を普及・実用化するため、2016年度貨物自動車運送事業における中継輸送実証実験モデル事業有識者検討会で、課題を整理し、2017年度以降の普及・実用化に資する方策を検討してきた。

今回、これまでの議論と今年度実施した実証実験を踏まえ、中継輸送実証実験モデル事業をまとめる。

2017年度以降、事業者主導で中間輸送を実用化するため、中継輸送の枠組みに共配や輸送ネットワーク最適化など、他の物流効率化施策を盛り込んだ改革を支援する。

《レスポンス レスポンス編集部》

引用:国土交通省、トラック輸送の「中継輸送」の実現に向けて実証実験モデルをとりまとめ


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×